NPO 特定非営利活動法人 工房リーフ

京都市中京区河原町通夷川上る指物町326-2 075-708-8129
工房リーフのロゴ

お知らせ・最新情報

最新情報
「『CONNECT⇄_』つながる・つづく・ひろがる」
「CONNECT⇄_」
つながる・つづく・ひろがる

CONNECT⇄__は、アートを通して多様性や共生社会について考えるプロジェクト。
2016~19年まで東京で開催されてきた「ここから展」のコンセプトを引き継ぎ、障害のある方の芸術活動の支援、鑑賞機会の拡充、さらには障害の有無にかかわらず共に芸術文化を通して相互理解を深めることを目的に、2020年から始まった取り組みです。

2021年度
「CONNECT⇄__ 」 つながる・つづく・ひろがる>
令和3年度文化庁委託事業「障害者等による文化芸術活動推進事業」
会期
2021年12月2日(木)~19日(日)
会場
京都市内文化施設及び京都府内4会場
京都国立近代美術館、京都市京セラ美術館、京都市動物園、京都府立図書館、 ロームシアター京都、京都市勧業館みやこめっせ、kokoka 京都市国際交流会館、 京都文化博物館、京都芸術センター ほか
主催
文化庁、京都国立近代美術館
共催
京都府、京都市、京都新聞
後援
KBS京都、エフエム京都
特別協力
NHK京都放送局

また、「京都市京セラ美術館」のミュージアムショップでは「工房リーフ」のオリジナルグッズ「SDGs ダンボール再生紙ノート」を販売しております。ぜひ、お立ち寄り ください。

工房リーフのオリジナルSDGsノート
最新情報
とっておきの芸術祭
「とっておきの芸術祭2021」

京都府では、障害のある方の文化芸術活動による社会参加の促進を図るため、平成7年度から「京都とっておきの芸術祭」を開催し、今年度は、「『CONNECT⇄_』 つながる・つづく・ひろがる」と連帯して去る12月2日(木)から12月5日(日)にかけて、日図(にちず)デザイン博物館において第27回「京都とっておきの芸術祭」を開催されました。
工房リーフからも利用者さんたちの作品を出展いたしました。皆様ご協力ありがとうございました。

入場
無料
開催期間
12月2日(木)~5日(日)10:00~17:00
場所
京都市勧業館みやこめっせ 地下1階 日図デザイン博物館
最新情報
SHOP LEAFのSDGsノート
SHOP LEAFのSDGsノート

「工房リーフ」オリジナル商品を取り扱った「工房リーフ」直売ショップをオープンいたしました。WEBショップ「SHOP LEAF」もございます。ダンボールを再生して作った紙を使ってSDGsノートなどの雑貨を作りました。デザインは「工房リーフ」の利用者さんたちの作品を使い、美術大学の学生さんたちとコラボしたものなどがあります。是非、見に来てください。。

SHOP LEAFのSDGsノート

※おかげさまで、現在在庫が足りていないため、商品によってはご注文いただいてから作製するためお届けまで時間がかかる場合がございます。あらかじめご了承ください。

工房リーフのオリジナルノート
最新情報

 2021年9月28日(火)
野菜の販売は8月の大雨の影響で、野菜の状態が悪くリーフでの販売は当面見合させていただく事となりました。ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご理解、ご協力いただけますようよろしくお願い致します。今後は天候と野菜の品質の回復を待って販売を再開する予定です。再開のめどが立ち次第リーフのホームページにてお知らせいたしますので皆様今後ともリーフの野菜をよろしくお願い致します。

リーフの新鮮なお野菜
現在、大雨による影響の為、野菜の販売を見合わせて頂いております。
新着情報

 昨年12月、おかげさまで「工房リーフ」は10周年を迎える事が出来ました。これを記念してい「工房リーフ10周年記念イベント」を7月15日から30日まで開催いたしました。お越し下さった皆様、ご協力頂きました関係者の皆様、本当にありがとうございました。
工房リーフ スタッフ一同

開催期間
令和3年7月15日(木) ~ 30日(金)
場所
宇多野ユースホステル
宇多野ユースホステル 宇多野ユースホステル 宇多野ユースホステル 宇多野ユースホステル 宇多野ユースホステル 宇多野ユースホステル 宇多野ユースホステル 宇多野ユースホステル 宇多野ユースホステル 宇多野ユースホステル
    イベント内容
  • 作品ギャラリー 
  • 野菜のオブジェ
  • スタンプラリー 「モナリザを探せ!」
  • 専用冊子、またはQRコードを使って目的の絵を探し出します。達成者にはリーフからのプレゼントあり!
  • テーマ
  • 工房リーフ10周年記念「表現」
  • 手作り作品の販売
  • 工房リーフで作った商品の販売。

▽ 宇多野ユースホステルでギャラリー開催にあたって
 リーフを開所して仕事以外の表現の場として創作活動を始めました。絵を描くのが初めての人、手が汚れるから嫌な人、先生の見本そのまま描く人、全く手が進まず白紙で終わる人、楽しく活動できる人と、はじめは問題が多い活動でしたが回数を重ね、先生と色々考えながら毎年とっておきの芸術祭やギャラリー開催を続けてきました。2020年10周年を記念して、みんなが表現した作品をより多くの人たちに見てもらいたいとの思いで、今までのギャラリーから飛び出し1から探し始めました。その中で宇多野ユースホステルさんから開催へのご協力のお話をいただきましたが、このコロナで延期され、この度1年遅れでギャラリーを開催する運びとなりました。京都観光に来られる人たちにリーフの作品に少しでも触れていただきたいと思っています。リーフの利用者さん達の今後の創作活動の励みとなるようにしていけたらと思っています。皆様、誠にありがとうございました。
工房リーフ スタッフ一同

工房リーフ10周年記念
最新情報

 工房リーフ(東椹木町)の共用部分(トイレ、廊下、階段部分)の全フロア改修工事が終了いたしました。ご不便をおかけいたし申し訳ございませんでした。トイレなどの水回りも大変綺麗になりましたので利用者の皆様、職員も気持ちよくお仕事にあたれています。ご協力いただきました皆様、誠にありがとうございました。

改修後の共用スペース 改修後の共用スペース 改修後の共用スペース 改修後の共用スペース 改修後の共用スペース 改修後の共用スペース 改修後の共用スペース

 京都府警察の協力のもと、犯罪に備えての訓練、指導を行っていただきました。例年であれば警察の方が不審者役をされるのがとても怖くて、リアルに感じられる訓練ですが、今年はコロナ禍の中という事で大きな声も出せず静かな訓練でした。防犯上、通常は閉まっているドアも換気のために開きっぱなしと、防犯のシステムも今までとは変わってまいりました。この訓練を活かし工房リーフでも時代に合った防犯対策を見直してまいりたいと考えております。
 ご協力頂きました皆様誠にありがとうございました。

防犯訓練の様子

「京都とっておきの芸術祭」WEB展覧会を12月25日(金)から公開!
「京都とっておきの芸術祭」WEB展覧会を2020年12月25日(金)から公開!

京都府では、障害のある方の文化芸術活動による社会参加の促進を図るため、平成7年度から「京都とっておきの芸術祭」を開催し、昨年度は、2020年12月10日(木)から12月13日(日)にかけて、日図(にちず)デザイン博物館において第26回「京都とっておきの芸術祭」を開催したところです。
工房リーフからも20点の作品を出展いたしました。リンク先のWEB展覧会でご覧いただけます。→こちらから

昨年度は、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、ご来場いただけない場合等のため、会場での展示風景等をWEBでもご覧いただける「WEB展覧会」を、2020年12月25日(金)から公開いたしました。

お問い合わせ
京都障害者芸術祭実行委員会事務局
〒602-8570 京都府京都市上京区下立売通新町西入 京都府障害者支援課内
Tel: (075)414-4601 Fax:(075) 414-4597

 おかげさまでこの度「工房リーフ」は10周年を迎える事が出来ました。これもいつもお世話になっている皆様のおかげと心より感謝したします。これからも皆様とともにさらに進歩していけますよう努力してまいります。どうぞ今後とも「工房リーフ」を何卒よろしくお願い致します。
工房リーフ スタッフ一同
2020年12月28日

工房リーフ10周年記念

 コロナの中ではございますが、地震や天候の災害が多い近年、色々な事態に備えて訓練する事もとても大事だと思われます。ご協力いただきました皆様ありがとうございました。 防火訓練の様子

 この度「工房リーフ」のホームページを開設いたしました。最新情報、連絡事項など色々とUPしていきますのでぜひご利用ください。
工房リーフ スタッフ一同

最新情報

 工房リーフのインスタグラムを始めました。日々の活動の様子やお知らせを掲載していきますので是非フォローしてください。

インスタグラム